YAMATO CREW

BBS

BACK
「大好きなキャラ」について語ろう!!

宇宙戦艦ヤマトの大好きなキャラクターについて、自由に語ってください!!
皆様の熱いキャラクター談義を期待しています。

761 Responses to “「大好きなキャラ」について語ろう!!”

  1. 酉嵜 より:

    デスラー「命令を変更した覚えはないよ」
    21話「宿命の対決!」C237 身を案じてくれるタランへの言葉。「命令」という言葉にも君臣の人間関係の厚みが宿る台詞。
    「さらば」で藤堂長官が言った「命令に説明はない」も、これに通じる優しさが滲み出てました。防衛会議で軍の首脳が出した決定を伝える立場と、古代の気持ちを理解する人間として、中間に立つ苦悩。

    「さらば」デスラーが言った「タラン。今日までよく私についてきてくれた」はヤマトクルーカウントダウン2/11のデスラーに使われてました。

    対比されるべきは「所詮は操り人形か」 奴隷の支配で成り立つ集団は『軍』ではなく『群』。その首脳は往々にして主膿♪

  2. 酉嵜 より:

    「先頃完成したアンドロメダをはじめ波動砲装備の戦艦だけでも今や全世界に数十隻。彗星の一つや二つ簡単に破壊してご覧にいれます」
    「さらば」防衛会議の軍首脳の台詞。手の平に指をサクッと差す演技が印象的♡ 地球だけの問題ではないという古代の意思は無視され…

    2202 20話「ガトランティス、呪われし子ら」のシナリオには似た台詞が(初回限定Blurayシナリオ集28p)
    進撃する彗星の前に『まるで巨大な壁』の如く集結する波動砲艦隊をスクリーンに見て…芹沢「これだけの波動砲をもってすれば、彗星の一つや二つ……」

    敵の間に『壁』を作る発想や物量への過信に潜む慢心や愚昧。必要なのは〝愛の防衛会議〟かも♪

  3. 酉嵜 より:

    『一九八四年』ジョージ・オーウェル著。執筆時1948年からの近未来を描いたSF小説。管理が行き届き、記録文書の書き換えを国民全員で行う体制が出来上がった社会。国ぐるみの歴史改竄。唱えられるスローガン〝戦争は平和なり 自由は隷従なり 無知は力なり〟
    〝美しい国〟を標榜しつつ言動は浅ましいアベコベ状況の我が国も五十歩百歩。ボクらの総理・森羅万象担当大臣が大帝シンズォーダーとして脳内も管理してくれるまであと一歩。手先は蘇生体ならぬ麻生体♪
    こうしたディストピア小説が描いてきたものの歴史に連なるのがヤマト2202のガトランティス。人が人たる由縁を取り除く事こそ『愛』だと豪語する倒錯。その末路や如何に!

  4. 山城 より:

    酉嵜様
    私も2202で斎藤・美影・沢村の3人の絡みは見たかったですね~
    小説版では多少の絡みがありましたがヤマト艦内での交流を見たかったです
    というよりも、描かなければおかしいでしょう!!(ちょい怒り)
    個人的には第二章を見るまで美影ちゃんにはクルーと空間騎兵の対立における潤滑油の役割が与えられると思っていました・・・

  5. 酉嵜 より:

    桐生美影と沢村の(下の名前わからんサーセン)ドラマをスピンオフでもいいから作ってほしいというご意見をヤマ友さんのツイートで拝見しましたよ~。

    七章をまだ観てない現時点でうっかりしたこと言えませんが(←何か不吉なこと偶然言ってたりして♪)Amazon特典CDの裏ヤマト七章、斉藤が見る夢ってことで美影が幸せになるお話ってのはどーでしょ。沢村と絡めるんじゃないでしょーか。なんか楽しくて泣けるストーリーになりそうな気が勝手にしてますが、どーでしょー
    あ、沢村は翔ですね(←公式サイト見た)

    さて明日にかけて東京地方に積雪の予報が出ております。新ピカのオールナイト終わって出たら「世界が、変わる」的な?

  6. 酉嵜 より:

    桐生美影役中村繪里子さんのお酒・純米吟醸酒『繪里子』でお祝いしました。2月5日、ヤマト2202が完成したとのこと、羽原さんやスタッフの方のツイッターで拝見。お疲れ様でした。目出たし! 完パケに乾杯! 〽手酌酒~~繪里子酒~~ この日は最速先行のチケットも到着。はかって一致するようなタイミングではないでしょう。運命か! お酒もうんめぇ♡
    栓をあけた時とても良い香りがしましたよ。梱包に新聞の京都丹後丹波版が使われてる温もり感。封入のDVDは風光明媚な地や酒蔵を巡って、いつ温泉に入るのかな~と思っているうちに終わりましたー♪ ご注文↓
    http://sake-shiraito.com/page214

  7. 酉嵜 より:

    反波動格子をキーマンに渡したデスラー体制復活派メンバー・ルッツ=カーゼット…に名前が似てるオルテガ・ガセット。スペインの哲学者、著書『大衆の反逆』がEテレ『100分de名著』で特集。本日から四週
    独裁者の家系に生まれたキーマン「ガミラスを真の民主主義に委ねる」を現実に即して考えたい方へ
    オルテガの言葉『生きている死者』は正にコスモウェーブで語りかける沖田艦長的な話
    テキストからキーワード抜粋 平均人/パンを求めてパン屋を破壊する/全体主義/庶民の中にも貴族は存在する/敵と共に生きる/エドマンド・バーク/西部邁/フーコー 監獄の誕生 パノプティコン/暴力装置
    解説の中島岳志著『リベラル保守宣言』

  8. 酉嵜 より:

    山本暎一さん。歴史秘話ヒストリアの手塚治虫特集に登場(NHK総合1/17 22:25) 宇宙戦艦ヤマトのテーマが愛であることを企画書に明記し脚本化、虫プロから来て西崎義展さんを支えたヤマト史に於けるキーマン♪
    ところで『ヒストリア』は古代ギリシア人ヘロドトスの書名。トゥキュディデスという人の同名の書も。原義は『調査・研究』。紀元前五世紀当時起こっていた前者はペルシア戦争、後者はペロポネソス戦争についての記録報告。後代の視点から見た時にhistory歴史、読み物としての側面からstory物語に意味が派生・分化したようです。ウィキには『史書を意味するラテン語』とありますがおそらくギリシア語由来。

  9. 酉嵜 より:

    吉田尚記さん、以前ヤマトの特番の司会をしたことがありましたが、いいキャラしてましたねー♪ ニッポン放送アナウンサーの吉田さんが評論家宇野常寛さんと出した対談本「新しい地図の見つけ方」を拝読。メディアについて語られたくだりで、『送り手』『受け手』の他に『分かり手』という層がいるのでは、という話が興味深かったです。単純な二分法の中には収まらないような人、謂わば中間層。元より『メディア』という言葉は、媒介・中間という意味。
    伝統芸能に於ける見巧者(みごうしゃ)という人に相当するのかも知れません。
    アニソン界隈ではショッカーO野さんが多分言い始めた『プロのファン』という呼び名も最近よく使われますよね。

  10. 酉嵜 より:

    小野さんのキャラ最高♡ 神谷さん小野さんのラジオDGS。12/23日放送で『松屋のベストメニュー』トーク。小野さん松屋好きなんっすねー1位カレギュウ。実は私も松屋好きでして♪
    松屋は食後の食器の片付け方が決まってますよね、丼の中にお椀やコップを重ねてくんですが、私は退店する時に結構やります。大手外食チェーンと言えども従業員は私と同じ労働者という意味でこの社会に於ける《同士》「店」と「客」ではなく同じ身分の者として波動共鳴ならぬ労働共鳴を感じ、紙ゴミも自分で処理。店内ゴミ箱も活用。
    「真上と真下」はデスラーがくれた都市帝国攻略のヒント(ヤマト2)
    実社会に欠けがちなのが《中間》にございます。

  11. 酉嵜 より:

    『ヤマトOUT(仮)』投稿受付中なのは皆様ご案内かと存じます↓
    https://webnewtype.com/special/yamatoout/

    その中のキャラクター投票コーナー『ヤマト総選挙』のチームGTR(ガトランティス)に『ヴォルホ』というのがいます。
    皆さんご記憶でしょうか。第17話「土星沖海戦・波動砲艦隊集結せよ!」に登場するバルゼー副官。C283。名前は呼ばれません。サリーちゃんのパパみたいな顔してます。「バ、バルゼー様!! 方位、ダグア、ボウミ、ゼムンに新たな敵艦隊が出現! これまでの倍の数です!」
    おや台本では『ヴィルホ』となってますね。公式サイトのキャラ紹介にはいません♪

  12. 酉嵜 より:

    南部のセリフに何でも「デスラー戦法か!?」を付けてみるコーナーー!!

    六章より。ノイ・デウスーラからコアシップが分離して――
    「分離した物体、機関熱源 探知されず…」「デスラー戦法か!?」
    ヤマトが突撃して
    「動く様子はありません。まるで無人だ……なぜ……デスラー戦法か!?」

    これまでの章より。
    「司令部は戦闘衛星を出してきましたーデスラー戦法か!?」/「人それぞれって奴じゃないすかーデスラー戦法か!?」/「今の地球はこれでいいのかよ…! デスラー戦法かよ…!」/「バッキャロー!! デスラー戦法かーー!!」

    ※「さらば」での南部の名(迷?)台詞です。もう2202では言わなさそうですね~♪

  13. 酉嵜 より:

    ヤマトークで楽しいキャラクターを披露してくれた(とスレッドの主旨に絡めつつ)SF考証の小倉さん。ツイッター拝見すると色々大変だったご様子。心中、お察しします。サンライズから公式に謝罪があったようで良かったです。御存知ない方は検索等して下さい。

    単純に考えて、やはりショックだろうなあ…と思います。何かの手違いなのでしょうが色々考えちゃいますよね、こういうことがあると…

    『キャラクター』って元々は文字や記号のことで、一まとまりの独立した意味を持つもの、ということで性格や人格を指す訳ですが、それこそ個人の名前でお仕事されてる方にとって名前自体が名刺のようなものですからクレジットは大切ですよね…。

  14. 酉嵜 より:

    街角のクリスマスイルミネーションが綺麗な季節ですね。
    ヤマトで回った場所で印象的だったのは、MOVIX昭島の前にある植え込みの中の大きな飾り。球体に光るそれが都市帝国に似ているのは、ヤマ友さんのツイートで事前に知っていたので楽しみでした。もう一つはMOVIX柏の葉のある柏の葉キャンパス駅前。駅とショッピングモールを繋ぐエスカレーターで移動しながら見る電飾を施された木々の奥行きは、さながら10段マルチ♪
    マルチと言えば、六章で土に埋もれたヤマトが結構な段数のマルチで表現されてますよね。煙を入れると5段位でしょうか? 旧作は3段位でしたっけ。艦内の古代や雪の悲しみが重々しく伝わってくる演出でした。

  15. 酉嵜 より:

    赤木春恵さんを偲びつつドラマ金八先生の話を少々。
    パート2 通称「腐ったミカン」は校内暴力がテーマ。教え子に迫る警官達の前に立つ金八、両手を広げて生徒を守ります。武田鉄矢のアドリブらしいのですが、武田自身の迷いの反映なのか強面の刑事を前にした金八の気持ちからか、勇ましく上げられた両手はぶれ気味に下がります。
    思い出すのは「さらば」で地球の前に立ちふさがるヤマト。強大な白色彗星の前では勇ましくもあり儚げでもあり。
    坂本龍馬を敬愛し校長先生を尊敬する金八と、沖田艦長を親のように慕う古代は、私にとって近代精神を体現する二大キャラクター。「立派な人を目指す」のが近代精神です。「目指す」マインドこそが。

  16. 酉嵜 より:

    メーザーやコズモダートに絡めてこのスレッドで書かせて頂いたのは2202がガトランティスに託して描いている現代人の姿についての私見です。纏めるとこうなります。近代化を経た後の社会=ポストモダンが到来し、そこで生きる人々の実態を表現する〝ポストトゥルース〟なる言葉も生まれ。マックス=ウェーバーがニーチェの議論を承け「末人のうぬぼれ」と予言したものは、ITスキルによって人間的成長を免除され、肥大した自我が多数者を偽装し、インターネットを攻撃のための武器として使う人々によって具現化されています。六章でこうはっきり語られました。「闘争本能と忠誠心だけを与えられた/人の姿をした家畜/戦争の駒としては最適」

  17. 酉嵜 より:

    MINさま ブログ拝見しました。2199に柏木、大島、篠田がいたとはー。明らかにAKBから取ってますねー。んー、ナシじゃない♪
    先日15日の日テレの歌番組でのAKBがなんだか話題になってるらしいですねー。MXのバラいろダンディという番組で知りました。

    タケシ23さま エナメルのコスプレ、ぜひやっていただいて、知らない人に「今のヤマトはこんなことになってるのかー!?」と思わせるのも良いのです♪

    服にハイライトが入った理由は、羽原さんから、艦内服の素材を知りたいというファンの要望に応えたと説明がありました。
    なぜか女子ですけどねー☆ まあ白い服にハイライト入れても…ってのはありますが。

  18. MIN より:

    好きなキャラと言うわけではありませんが・・・
    2199のヤマト内女性キャラ、意外と名前ついてるのね
    制作者はAKBファンなのかな

    https://ameblo.jp/min-daina3535/entry-12421074100.html

  19. タケシ23 より:

    いっその事きっちりとしたエナメル革の黄色テカテカスーツでビシッとかっこ良く、そして色・っ・ぽく決めてるコスプレ、一度でいいから見てみたい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

最新のコメント