YAMATO CREW

BBS

BACK

会員の皆様へ
日頃はヤマトクルーを御愛好頂き誠に有難うございます。 この度、ファンの語らいの場として活動してきました、 BBS(談話室)を、運営事務局の運営体制の変更に伴い、 9月27日正午をもって閉鎖する事になりました。 今まで御愛顧頂き誠に有難うございました。 またの再会を。

「大好きなキャラ」について語ろう!!

宇宙戦艦ヤマトの大好きなキャラクターについて、自由に語ってください!!
皆様の熱いキャラクター談義を期待しています。

771 Responses to “「大好きなキャラ」について語ろう!!”

  1. 赤ポッチ より:

    藪 さまが出世した?

    第7章ではフラーケン艦長と同じ区画に藪さまがいました。
    もしかして、これは機関長に昇進したことを暗示しているのでしょうか?
    2199では機関区画にいた藪さま。それが艦長と同じ区画にいるとは。
    次元潜航艦は最低4隻なので以前の機関長はほかの艦に異動になり空いたポストに。
    それにしても身分を証明するものもない青き肌を持たない藪さまを
    極秘扱いの艦の機関士にしたフラーケン艦長は人間としてとてもできた方ですね。
    藪さまが、いつか艦長になりヤマトを助けるといいのにな。

  2. ぽこぽこ より:

    OS vol.02と行く東名ドライブその2
    名古屋港の斜張橋が連なっている辺りで「運命の時」(土星沖でドレッドノート級がかっこよく登場するときにかかる曲)がかかって、これがまた景色が醸し出す雰囲気と合っててとっても良かったですよ。(笑)
    で、ただいま伊勢神宮の市営駐車場。
    で、なぜ伊勢神宮まで来たか。
    そうです、ヤマトの続編の成功を祈願にです!!
    と、日記にはそう書いておこう。(←古いっ!)

  3. 酉嵜 より:

    鈴村健一さんがAnimeJapan『愛のヤマトアワード』で披露した沢山のネタの中で私のお気に入りは「超獣戦隊ライブマン」のED曲を歌った後の「島大介違い」(歌:嶋大輔)
    個人的にはこの歌の「マン」の所で拳を振り上げることができたので満足です♡
    これを承けて神谷さんもOPのフレーズを言ってくれました。〽青春爆発ファイアー

    因みに戦隊ソングライブ・スーパー戦隊魂で嶋大輔さんが歌った時、会場にお見えのブルードルフィン森恵さん、二階席でノリノリでしたー

    『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』は開始当時から聴いています。お二人により親近感が湧いたのもヤマト2202が繋いでくれた縁です。

  4. 酉嵜 より:

    桑島法子さんの最終回の演技には羽原さん何度も泣いたと何度も語ってました。私もです。二話と同じあのフレーズに続き必死に古代に訴えます。「何度だって救うぞ!」それが身も心も削る事だというのも知ってます。「どんなにボロボロになっても!」
    我々の世代にとってボロボロになって戦うヒーローの原体験は最終回のウルトラマン。そして仮面ライダー。ED曲『ロンリー仮面ライダー』に象徴されます。
    〽悲しみをかみしめて一人戦う
    https://www.youtube.com/watch?v=Q1yoQTHBs7A

    本郷猛も一文字隼人も固定の女性パートナーはいませんでした。古代のそばにはいつでも森雪がいます。幸せ者!

  5. 酉嵜 より:

    神谷浩史さんの写真がおまけについています、雑誌「HERO VISIONヒーロービジョン」。たぶんアニメイト販売分だけだと思います。
    長官の声で出演した宇宙戦隊キュウレンジャーの岸洋佑さんとのツーショット写真。

    神谷さんは知的でクールな印象ですが、ヤマトおじさんを話題にしてくれる時には優しい口調と温かい眼差しをくれましたよね。この写真の神谷さんはそういう優しい笑顔です。
    誌面には岸さんとの対談。『宇宙』つながりでヤマトにも触れてくれて…はいません♪
    神谷さんがいかにリスペクトされているか、そのことがよく分かる対談です。

    私にとって2202は神谷さんとの出会いの作品でもありました。忘れません。

  6. 酉嵜 より:

    池袋のKBOOKSキャスト館というお店の外に小野大輔さん神谷浩史さんのポスターが貼ってありまして前を通るたびに挨拶しています♪

    昨夜の最終上映舞台挨拶には小野さんがプライベートで来場されるというサプライズ。二階から小野D♡ みんなと一緒に観たい。そう思って駆けつけてくれる主演俳優を持てたことを誇りに思います。

    舞台挨拶がある日は、楽屋が少しでも楽しくなることにお役に立てればいいなぁという思いで書き込みさせて頂いてました。小野さんのご来場は予想だにしませんでしたが、HOOTERSネタを書いておいたのは我ながらナイスでした♪

    今後も小野古代と一緒に、ヤマトおじさんとして生きていけるなら幸せ♡

  7. 酉嵜 より:

    キャラクター作画、といったものを最初に意識したのはデビルマンでした。明確に覚えてます。当時そういう言葉は使っておらず友達と「毎回顔が違う」てな話をしてました。小松原一男さんがキャラクターをデザインし作画監督も…ということを知る前は、人物の描写に際しタッチを多く入れる白土武さんの回に目が向いてました。線の多さによる画面の濃密さ。鋼鉄ジーグやガンダムの中村一夫さんの作画傾向も近いです。
    やがてアクションシーンの流線や集中線の入り方など少ない程カッコイイと小松原さんや友永さんの画を通して見る目が変化していきます。
    ヤマトではその白土さんを友永さんが支えることでタイガープロの回が多大な功績を遺します。

  8. 酉嵜 より:

    3週目入場者プレゼントの森雪のキャラ表について。デビルマンやゲッターロボなどキャラクター設計の小松原一男さん(故人) 筆。
    1983年発行『ロマンアルバム 宇宙戦艦ヤマト パーフェクトマニュアル』1巻 118p、同2巻 227pに載ってますね。
    前者のキャラクター別にキャラ表がまとまったページに表情集と等身画が掲載。後者に小松原一男さんのインタビューと共に表情集が再掲載。
    これが小松原さんが「さらば」に参加していた事実の初お披露目でした。
    小松原さんのインタビューが印象的なせいで前者のページの存在をすっかり忘れてましたー。やはり自分、スタッフのコメントを聞くのが好きなんだなぁと再認識しました♪

  9. 酉嵜 より:

    江原正士さん演じる山南が「ヤマト!」って言う時の「ト」にスタッカートがつく感じが良いんですよねぇ♡
    七章では真田さんに「俺は乗るよ」と言う時の寂しいトーンが心に響きます。真田さんの仮説に「根拠が乏しい」と言った後の言葉ですから、確実に結果が期待される話ではない訳です、しかし「乗る」という選択。可能だから乗るのではなく不可能性に未来を賭ける男のロマン。
    「みんな気付いてる、地球がこの先どこへ行こうと、この道の先にはもうろくなことがないんじゃないか、って…」
    真田さんの演説「繋がる便利さや効率を求める声」に繋がる時代観。皆気付いてるからこそネットの軽い繋がりに渇きを癒しスマホに自閉し選挙に行かず…

  10. 酉嵜 より:

    中村繪里子さん、第二章発進篇のなんばパークスでの舞台挨拶でしたよね、ゲストとして登壇していた所を急に、大帝閣下から「繪里子のMCを見せてみろ」とご命令があったのは♪
    「年収は?」「印税の額は?」「言えるかーー!」
    鮮烈なデビューでした♡

    七章で桐生美影「準備はできています」と言いますね。大事な台詞なんですよ。真田さんの演説を聞くまでもなく「やることがあるだろう」と席を立つ島に続いて立ち上がるヤマトクルー。内発性。何度か書いてきましたし何度も書かせて頂きますが、指示されたことを自分からやるのが自発性。指示されようがされまいが内側から湧き上がる気持ちで行うのが内発性。
    ヤマトは正にそういう話。

  11. 酉嵜 より:

    神谷浩史さん、3/2舞台挨拶では〝ヤマトおじさん半端ねぇ〟と持ち上げてくれ、2199から参加の小野さんや法子さん達には後輩ポジションから敬意を表し。
    NHKで特集されるトップ声優、その経験と試行錯誤に裏打ちされた豊かな精神的リソースのなせる業と言えましょうか。積み上げた座布団にあぐらをかくことなく常に謙虚で(DGSでの小野Dへのディスりようは別ですがー♡)

    私達誰もが持っている《命》というリソース。生きるための資源。それを使い利用する装置である《心》
    キーマンが言います「心という装置は複雑にして壊れやすい。時に絶望ばかりを育て…」
    調子狂いを起こしやすいこの装置を如何に善く使うかは自分次第。

  12. 酉嵜 より:

    お叱りはそちらで受けます。

  13. 酉嵜 より:

    ごめんなさい。屋→谷です。

  14. 酉嵜 より:

    本日、納屋悟朗さんの命日。ヤマトクルーのツイッターでリマインドして下さってます。2013年3月5日。
    ウィキによると、3/11日にマスコミに公表。5/21に恵比寿・エコー劇場でお別れの会。
    お別れの会には参列いたしました。当日朝のワイドショーの中で告知されているのを見て出かけたと記憶しています。

    「さらば」で沖田が古代に語りかける言葉は今も心に響いて私の口をついて出ます。「まだ生きているじゃないか!」
    しかし前作1話で語られた「生き抜く」理念と不整合に感じられる面があるのも確かで、2202七章はここの部分にも見事にケリをつけてくれたと思います。
    古代のこの一言で。「お叱りはそちらで受けます」

  15. 酉嵜 より:

    古代進。悩んで背負って戦う姿は正にヒーローでした。波動砲口に佇んでは内省して泣き、廊下を俯いて歩き…。自然と涙が出ました、自分を重ねて…

    絵をヤマトOUTに掲載して頂きました。有難うございます。下書きは鉛筆で、自分の古代進像なので所用時間一分。キャラを似せようとは思わず、内面を描いたつもりです。フォトショップに取り込んで主線は全部パスで800本引きました。『進』のしんにょうをヤマトのシルエットにしてありますが全然見えません♪

    下に『CV:ONO DAISUKE』と書いてあります。小野大輔さんへ捧げます♡
    自分のサインの『Z』は快傑ズバット風に2202のロゴの『0』の斜め棒をプラス。114p

  16. 酉嵜 より:

    コスモタイガーと言えば坂本(加藤ではなくー!?)
    「新たなる旅立ち」に出てきたあいつ、憶えてますか。これの新キャラ北野や山崎や徳川太助は2199や2202に出てくるのに見事に無視されてるあの男。誰も憶えてないのかと気の毒になって訊いてみたんですよ。さすが憶えてました、誰よりも深く坂本を知る男・福井晴敏♡
    ヤマトOUT『福井に訊け!』157p
    ボケた質問にどう応えて下さるかと思ったら予想を覆すご回答を頂戴しました。笑顔というワードから、見られる快感に目覚めたという説を展開。メンズストリップで新コスモタイガーなる技を…。床板剥がしたらいた&ディンギルにいた説。私のボケ共々坂本を拾って頂き感謝です♪

  17. 酉嵜 より:

    四章天命篇 TOHOシネマズ上野の舞台挨拶で小野大輔さんがパンダのシャンシャンを話題にしたことがありました。そのシャンシャン初めて見てきました。50分待ちのふれこみでしたが20分程でラッキー。先の日曜日は様々な施設が入園無料になった在位30年記念。
    また、この日が沖縄の県民投票と重なったのも何かを象徴している気がしてなりません。
    これに先立つ一週間前、七章前夜祭があった日曜日に辺野古移設反対署名を集めるパフォーマンスに通りがかり。現地の方とお見受けしましたので、安倍や菅のようなやり方を支持する人間ばかりではありませんよ、という事を本土の人間の一人としてお伝えしておきました。
    ヤマトも本土決戦。

  18. 酉嵜 より:

    「恐怖を克服するには、自らが恐怖になるしかない……波動砲艦隊も、時間断層による軍拡も…それが、ガミラス戦争で滅びを経験した人類の結論……」「この残酷な世界で生きていくには、人は弱すぎる」
    21話「悪夢からの脱出!!」C137-142(『!!』は台本表紙では全角。画面では半角)
    藤堂早紀は母が世界の残酷さに絶望し自殺してしまった経験から、こうした世界観を持っていました。しかし土方の言葉によって心を動かされていきます。
    恐怖(terror)を与えて人を支配するのが広義のテロリズム。暴力の行使はそれが先鋭化した一形態。人々の意識に恐怖が蔓延しているなら実力行使を伴わないテロリズムが浸透した状態です。

  19. 酉嵜 より:

    キーマン「ガミラスを救うためなら、ガトランティスにすがってでも ……そうですね?」
    22話「宿命の対決!」C239-240
    アフレコ台本(ヤマトクルー限定BD同梱)のト書きに『問い詰めるキーマン』とありますが、その表情と神谷浩史さんの演技には理知的な寛容さが感じられます。相手を思いやるには、感情や共感以外に他者を理解する知性が必要。そうしたものが伝わってくる表現です。涙…
    「考えるな。感じたことに従え」と女神に教えられた彼、無論思考停止が推奨された筈はなく、自己判断の基準となる知・情・意の働きのバランスの話。ブルースリーの言葉も有名ですが生物学者レイチェルカーソン著「センスオブワンダー」にも。

会員の皆様へ
日頃はヤマトクルーを御愛好頂き誠に有難うございます。 BBS(談話室)は 9月27日正午をもって閉鎖いたしました。 順次、閲覧も不可となります。今まで御愛顧頂き誠に有難うございました。 またの再会を。

最新のコメント