YAMATO CREW

BBS

BACK
「音楽」について語ろう!

宇宙戦艦ヤマトの音楽について、語ってください!!
皆様の熱い談義を期待しています。

2,592 Responses to “「音楽」について語ろう!”

  1. タケシ23 より:

    ウルトラセブンティガ様
    こちらこそ初めまして。
    サントラ vol.2は7章公開後直ぐですし、ハード鑑賞となりそうですね。いいえなります(笑)
    2枚組となった事で1枚ずつ出されるよりお得になり、嬉しいです。昔のように特典ポスターとかなんで今の時代無くなったんでしょうかね。

  2. ウルトラセブンティガ より:

    タケシ23さま
    ウルトラセブンティガと申します。
    初めまして。
    ヤマト2202サントラvol.2の発売決定
    嬉しいですね。
    しかも2枚組。
    早く予約開始して欲しいですね。

  3. タケシ23 より:

    サントラvol.2がついに…
    「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち オリジナル・サウンドトラック vol.2」
    2019年3月6日発売予定との事!
    2枚組~!!!

  4. タケシ23 より:

    2202には「コスモタイガー」の曲使用されてませんよね。いくら新たなる旅立ちからの曲とは言え、既に2199で登場していないにもかかわらず、ワンダバとして使用されてたのに、登場した今作こそもう少し活躍させてもいいんではないでしょうか?曲と共に。
    もう次章で終わりだぞ!

  5. 酉嵜 より:

    上映版のED、歌と映像が合ってると勝手に思ってるシリーーズ!補足

    二番の出だしの歌詞「空」の時に、都市帝国の上空へ向くカメラ。。
    「紅葉」のところで、崩壊するゼムリアのオレンジの炎が画面一杯になるカットの色づき具合。
    「綿の雲」で、ヤマト周囲の地割れから湧き出す煙の雲感。
    最後のサビ〽ぼ~く~~らの~~(カーン!)のところで「カーン」とPANする斉藤。〽人生の~ で大帝の影がインサートされる所には斉藤の人生に思いを馳せ…

    ED直前のラストシーンでデスラーの胸がアップになるところからかかる音楽ありますよね。あれがかかり始めると「あ~六章終わりか~」と、終業の合図のように寂しく感じてましたー…

  6. 酉嵜 より:

    2202のEDは毎章、劇場でかかる映像とソフトに収録される映像が異なりますよね。上映版では本編映像を編集した振り返りになってます。
    しかし場面をただ棒つなぎしものではありません。曲に合わせたり、歌詞にシンクロしたり。毎回共通するのは前奏と歌い出しに区切りがあること。
    六章では歌詞の「花」の「は」の所で加藤が「は!」と目を開きます。ダジャレではないと思いますがそういうテンポで編集がされています。二番の「窓」の所で展望室の窓にロケットアンカーが突っ込んできます♪
    前奏でチリ~ンと鳴る風鈴の音と、波動砲口の『銀河』って書かれたあれが妙に合うのは、叩くとイイ音しそうだからでしょうか♪
    ぜひ劇場で!

  7. 酉嵜 より:

    BGM集での曲名は『ブラックタイガー』、交響組曲では『出撃』
    六章のブラックバード作戦の所で使われますね。
    「まさか!」と気付いた島の声がこぼれて「加藤!」の顔のアップで曲がスタート。戦闘曲ですがこの場面は死ぬ覚悟の加藤、軍拡について語る早紀、それを聞く真田の沈痛さ、それら総合した全体の〝危機感〟に音楽がついている感じが燃えます。クライマックスの三連符が四分音符二つ分にのる交響組曲風のゴージャスな譜割が切迫感を煽り(BGMでは四分音符一つ分)、ドラムのフィルインの細かいタッチが散布された波動コアのパラパラした画面にマッチ。
    エンディングの余韻が早紀のカットに残る音楽演出など全てがヤマトっぽい!

  8. タケシ23 より:

    舞夢宜人 さま

    サントラ未収録のBGM増えましたね。私はてっきり6章パンフにサントラ vol.2の広告初出かと思っていましたが、外れました。 vol.2で無理やり全て納めるか、少し余裕を持たせて vol.3に回すかそれだと返って曲が足りない、レコーディングもう一回組まなきゃ…とかやっているんだと勝手に思っています。

    後者を希望(笑)

最新のコメント