YAMATO CREW

BBS

BACK
「雑談」はこちらへ

宇宙戦艦ヤマトに関する事はもちろん、クルー同士のコミュニケーションの場としてご利用ください。
皆様の熱い語らいを期待しています。
※既にスレッドのある内容につきましてはそれぞれのスレッドにてお願いいたします。
※本スレッド内で個人情報のやりとりなどをしないでください。
 そのような場合は、個人ホームページや、SNSなどへのリンク先を最初にご明記くださいませ。
※ヤマトに関連しない内容のコメントはご遠慮ください。

15,247 Responses to “「雑談」はこちらへ”

  1. 酉嵜 より:

    歴史社会学者小熊英二さんが『大竹まことゴールデンラジオ!』に出演、著書『地域をまわって考えたこと』等の話。音声はこちら↓
    http://podcast.joqr.co.jp/podcast_qr/main/main190723.mp3
    正規社員と非正規雇用。前者は顕著には減っておらず後者が増えているのは農林自営業や自営商店が保たなくなって後者にシフトしているからだそう。
    蓋し中間層が分厚く存在した時代の〝強きを挫いて弱きを助ける〟心性が、格差が拡大し強きに媚びて弱きを挫き、嵩に懸かって居丈高になるヤマトクズー的メンタリティは地域社会の脆弱化と関係があるはず。
    必要なのは自営業を自衛する自営隊♪

  2. 坂の上の蜘蛛 より:

    ぽこぽこさま、ブログ拝見しました。詳しい感想は私のブログのコメント欄に書かせてもらってます。

  3. 酉嵜 より:

    『リア王』ならぬ『リア充』の話♪
    文筆家の古谷経衡(ふるやつねひら)さんの著書『日本型リア充の研究』。日本に於いてどういう人が『リア充』とこの本で呼んでるかと言うと、土地を持ってる人。住む場所には困らずそこで商売したり家賃収入で食っていける。イベントで本にサインを入れて頂いた時少しお話させて頂いたのですが俳優の宍戸錠さんはウィキペディアによると東京大空襲のドサクサの中で家を奪われ疎開しなければならかったそう…戦前から東京に土地を持ってるなんてのは本物の『リア充』。しかし本人が主観的にそう感じているかは地域特性もあり。国家主義的な安倍政権の支持は『リア充』を『リア王』に底上げしたい意識の表れでは

  4. ハヤタ より:

    そうか今日は総火演だ。。今年も外れてたか。。
    これもツテとか有名人ならイイ席もらえるらしいが、その辺のおっさんにそんなの無いしなぁ。。

    これも演習場近辺で堂々と反対プラカード持ってる梼昧達がいくらかはいるのだろうなぁ。。 トリエンナーレでやればいいのに。

  5. 酉嵜 より:

    24時間テレビ愛は地球を救う。ヤマトが愛という言葉を流行させた現象の一例として福井さんも挙げる番組です。『さらば』同年1978年の第一回で司会の大橋巨泉が最後に「チャリティーは本当はあなた方政治家がやらなきゃいけないんです」とカメラ目線で言ったのを覚えてます。「政治とはそういうものか」という印象と共に。福祉と言えば近年生活保護受給者をネットで糾弾する層が存在すると聞いてもその心理がよく分からなかったのですが、自営業のように住居には困らない、かと言ってサラリーマンのように退職金はない、近所の手前生活保護など受けられん、現生活を維持し続けるしかない立場から怠惰として攻撃したくなる…そんな感じでは?

  6. 酉嵜 より:

    親と出身地はどんな人間でも選べないものです。人と人を結び付ける精神的紐帯(ちゅうたい)を『絆』と言いますね。人は一人では生きられず、生を得ること自体が男女の絆の証と言えますが、本来は家畜を木に繋いでおく綱のことだそう。『ほだす・ほだされる』という読みには断りきれない縛りといったニュアンスがついて回ります。村落共同体的拘束を嫌って若者が都会に出るのは近代化の過程に顕著な現象ですが都会的分断とどちらが肌に合うかは人それぞれ。親はいつか死にますし考えが変わる可能性を考慮すれば出身地や住宅条件の方が人を縛るものとして強固かも知れません。ネットで悪態をつく層には自営業者が多いとも聞きます。絆と解放の関係

  7. ハヤタ より:

    大和、武蔵に関してはロンドン条約を脱退通告した後なので、建艦計画自体はあまり問題はなかったと思います。まぁバレても日本はどうせフルボッコ状態だったですしね。 今の北鮮の様に核開発しませんと言いながら明らかに開発している様なしたたかさが欲しかった気もしますね。
    もっとも当時の日本は核実験も成功させていましたから、全然したたかだったんでしょうね。

    架空戦記的妄想では、真珠湾後に存在を喧伝していれば負け方ももう少しましなになった可能性を感じています。
    もっとも、もっとひどい負け方をしていたかもですが。。

  8. 酉嵜 より:

    『期待』を共通体験として多くの人が持っているものがあるとすれば〝親の期待〟かも知れません(期待されずに育ったという人もいるでしょうけど)
    親の期待が子供の人生を縛る物語『巨人の星』は大リーグボール養成ギブスが象徴的。子供の人生を決める権限は親にあるという価値観は昔は多かったでしょう。シェイクスピアの『リア王』でも親が設定した人生を子供は進むべきという考えと、思い通りに生きようとする子供の衝突が描かれます。父権主義=パターナリズム。リアは子供に裏切られたと感じて疎外感を味わいます。学者の中島岳志さんは自由主義(リベラリズム)に対置される概念はパターナリズムであるとしています。権威主義と自由の問題

  9. ハヤタ より:

    クラシックYsama
    2025年の「大阪・関西万博」は「モノ」のレガシーは残さないとのこと。
    個人的には太陽の塔みたいな記念碑的なモノがあってもいいのかなとは思いますが、まぁ時代ッスかねぇ・・。
    跡地の夢洲には、横浜に取られない限りIR誘致で半分は決まってますが、残りはアイデア募集中ですね。
    インバウンドで稼げる様な活用をして欲しいものです。

    Continued

  10. 酉嵜 より:

    『設定』について少々横道に逸れて平成仮面ライダーシリーズを引き合いに。
    『仮面ライダークウガ』から始まって『仮面ライダーキバ』まで基本的にバラバラの設定、独立した世界。『アギト』が『クウガ』の設定を一部引き継いではいるものの新しい世界観で構成されており、およそ〝続編〟とは呼べない位に作品テイストが異なります。『ディケイド』以降、各世界を繋げるメタ的設定が導入されて連続性が持たされましたが以前と同じキャラクターが出てきても役名が微妙に変えてあったり設定が変わっていたり。
    ヤマトも2199から2202へ引き継がれた設定もあればそうでない設定もあり。その辺はライダー見てる子の方が理解力があるのかも?

  11. 酉嵜 より:

    京都アニメーション事件の容疑者も、おそらくかつては同社の作品のファンだったのではないでしょうか。作品公募に応じた形跡もあったやに聞きます。そこから先、スタッフを攻撃対象にするに至った経緯に関しては動機や事実関係の解明を待たなければいけませんが、本人の主観上は望みを裏切られたと感じる現実すなわち『期待外れ』があったのでは。当談話室でもスタッフや作品に対する書き込みの中には、きちんとした筆致で書かれた内容も勿論ありますが、何らかの鬱憤を晴らそうとする心理を疑わざるを得ない汚い言葉によるものがあります。共通するのは特に『設定』を問題にする傾向。守られていない、違っているといった『違背』についての意識

  12. 酉嵜 より:

    『期待』について。未来に起こる出来事に対して、ただ漠然と楽しみにする『期待』と、こうあって欲しいという予測を加味する『期待』とがありますよね。後者は『予期』とも言います。例えばヤマトの新作に『期待する』といった時、ただ楽しみに待つ場合と、予め内容を予想する場合があります。前者は未来を受け止めようとする立場なので現実を受容し易いものですが、後者の態度で待ち受けた未来が予期と異なるものだった場合、現実を受け入れ難いものにしてしまいがちです。『期待を裏切られた』という失望は異性間で経験されることも多く、フラれた腹いせで逆恨みしたり相手に責任転嫁したり。『期待外れ』を誰かのせいにして攻撃対象にする心理

  13. クラシックY より:

    …やったら事実上の戦線布告★
    やはり大戦前夜の軍は横車を押し過ぎです(頭が固く視野狭窄、マインドもクローズ★
    ただ「アルキメデス〜」でも描かれている大艦巨砲主義悪玉論は「木を見て森を見ず」ですね
    当時の先進海軍の主流はやはり戦艦主義で、まだ実績の無い「航空機+空母」の有用性ははっきりしていなかった
    「信頼性」と「先進性」との間でせめぎ合いが起こるのは、当然だと思います
    どちらが正しかったかは「歴史」が証明しましたが。。
    (だからヤマトは翼を生やし、そら「宇宙」を翔んだワケですねw)
    蛇足すれば…大和型戦艦を4隻も建造し、その運用を目論んだ海軍は破茶滅茶です(そんな国力、日本には無かった

  14. クラシックY より:

    ハヤタ様
    大阪でも、万博に乗っかった開発で舞洲とか夢洲とかに高層マンションの建設ラッシュの予感が。。
    あんな脆弱な埋立地に高層ビルなんて…大地震の際の津波や液状化は大丈夫なのか?
    あまり調子に乗らない方が身のため(苦笑

    「アルキメデス〜」僕も観ましたよ
    思った程悪くはなかったですね(笑
    大和沈没シーンがキャメロンの「タイタニック」みたいなのも、まぁ大和の巨大感を出す為のご愛嬌ということで(笑
    僕の覚え違いでなければ…確か大和型は海軍軍縮条約破りの「ズルして」建造った巨大艦だったと思います
    なので大和や武蔵をパールハーバーやサンフランシスコに派遣して「砲艦外交」する様な事は出来なかった

  15. 酉嵜 より:

    住谷綾香@ヤマト2202アンバサダーさん、広島マリーナホップのヤマトワールドで少しお話させて頂きましたけど大変頭が良くて美人で森雪コスの全身タイツもキュートでウハウハでした。その内結婚しちゃうんだろうなー高垣彩陽ちゃんみたいに。彩陽ちゃんもインテリ美女で舞台挨拶ではミニスカでそれはそれは大変キュートでウハウハでした(ヘンタイがヨダレを垂らしてます!通報!通報!)中村繪里子さんといいヤマトはインテリ美女が多いですがどうせみんな俺の嫁にならずに結婚しちゃうのやろ(頭おかしい人がいます!)
    …と、まあ変な期待を抱いてるとそれが外れた時に勝手にフラれた気分になりますねーという話。フラれ気分でロケンロー

  16. 沖田13 より:

    日本酒を1ケース9000円近くで買って応募はがき1枚、非常にコスパは悪いが抽選の競争率は高くなりそうもないので当選確率は高いのかな?
    今回の企画のポイントは1パック毎にキャラクターをプリントするのでなく輸送ケースにプリント(シール貼りかな?)しているところ。
    アニメのキャラが印刷された酒では店頭に並んでも一般客からは敬遠されて逆に売り上げが落ちかねないですから単品は通常パッケージのままというのは賢明な戦略です。
    そして酒好きだけでなく下戸でも5種コンプしたいために5ケース45,000円払ってくれるファンが思うつぼなわけですね。

    流石、関西企業ww

  17. 酉嵜 より:

    さらば宇宙戦艦ヤマト 4Kデジタルリマスター版上映会 J:COM加入者対象
    https://c.myjcom.jp/user/event/event1166.html

    ヤマト2202アンバサダーの住谷綾香さんが大村ボートをPR
    https://www.nikkansports.com/public_race/news/201908230000382.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

    日本盛のヤマトコラボパッケージは古代、雪の他、デスラー、山本玲、キーマンも(当ヤマトクルーNEWS)

  18. 酉嵜 より:

    日本のインターネット元年とされる1995年。阪神淡路大震災に情報伝達手段としての有用性が広く知られるようになったようです。同年に発生したのがオウム真理教事件。カリスマ的存在とされた人物が自らの〝予言〟を成就させるべく事件を繰り返していた事が明らかに。自分が発信した情報が他に影響を与えるものであって欲しいという期待、思った通りに世界が動いて欲しいという願望、そうした欲求が広く兆したのもこの年かも。ネットを炎上させ人を追い込む攻撃行動はそうした承認欲求充足手段なのでしょう。当談話室でも見受けられる『期待』やそれが『外れ』た事が原因と見られる言動も京都アニメーション事件も根が繋がっていると考えます。

  19. 酉嵜 より:

    あおり運転の話を少々。先般、指名手配犯が確保された案件は、進路妨害をした結果追突されてぶん殴るという「アホか」としか言いようのない事例ですよね、よく知りませんけど。この犯行がロクでもないのは言うまでもないとして、駅などの混雑状況で人の進路に知らん顔で入った結果足が当たったりして「何すんのよ!」って逆ギレする人も結構いて、自分の行為の結果受ける不利益の自覚がないという意味ではこの談話室でも残念ながら散見される事例が。汚い言葉で言いがかりを付けること自体がロクでもない行為だと自覚してないのか、強く出れば相手がすぐ謝るとでも思っているのか、お客様は神様です的一方的世界観を描きすぎでは♪ ヤマトクズー

最新のコメント