YAMATO CREW

BBS

BACK
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」【鑑賞後推奨】

以下の点をご留意の上、ご利用ください。
・『宇宙戦艦ヤマト2202』の鑑賞後の感想など、熱く語ってください!
・まだ作品を観ていない方はこちらの掲示板をご利用ください。
・大いに語り合っていただきたいのですが、ストーリーの羅列などはご遠慮ください。
・本編に関連しない内容のコメントはご遠慮ください。

3,610 Responses to “「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」【鑑賞後推奨】”

  1. クラシックY より:

    kakeさんに一票

    地球防衛艦隊の外伝希望!

  2. kake より:

    次回作ヤマト2203(仮称)の暗黒星団帝国編も当然見たいですが、ヤマト外伝『主力戦艦ナガトの戦い』(仮称:ヒウガでもよし)を創ってもらいたい。日頃ライトの当たらない主力戦艦や、巡洋艦、軽巡洋艦(パトロール艦)などにスポットを当てて、最終決戦でヤマトが単身で彗星都市『滅びの箱舟』と戦っていた時間に、地球圏にいたバルゼー空母艦隊と戦う地球残存艦隊の姿を描いて、2202を補完してもらいたい。

  3. minmin より:

     新作作るにしても、新たなる~ の デスラーの扱いどーするんだか。コロニー落とししたのに許されるの?ヒスのブチギレは何だったの?首都の国民が許すと思ってるの?
     地球側も波動砲艦隊解放しておいて、どのツラ下げてスターシアに会うのやら。ガミラス大使館がすぐそばにあるのに全く連絡入れないとか。古代はせめて連絡いれろと。
     さらに言うなら、ガミラスに貸し出している時間断層を勝手につぶして、バーター取引だった植民地星なくして復興できるの?とか。

    これをまとめろと言われてやる監督も脚本もいないかと・・・
    むしろコミック版として別世界でリメイク作ってから、続編製作する方が現実味ある。

  4. ハヤタ より:

    次作の「220X」はどこが作るんだろう? 周知のごとくXEBECさんは解散しハバランは今やサンライズの取締役。
    結構この辺は重要で、スタッフがおのずと絞られてゆくわけですから。
    繫がりのあるXEBECの人材を吸収したサンライズかタツノコ系Production I.Gか?
    いっそ原点に戻って東映アニメーションという選択も。。?
    いずれもバンダイとは関係が深い訳で有り得る話。

  5. ハヤタ より:

    新作の「220X」は「新たなる旅立ち」と「永遠に」を一本に集約しても良いし、デスラー復権も描くなら「Ⅲ」の「設定」を含めても良い。
    主敵は暗黒星団帝国でいいんだけど、個人的にはスカルダートは敵の首領としては軽いので、グレートエンペラー様をしっかり描いて欲しいっス。(木村さんが鬼籍にお入りになっている事が残念)
    ボラーの主敵はまだ早い。
    小林の波動エネルギー銀河中心集約設定はややこしそうなので、やめてね。
    継続前提の単発なら「新たなる旅立ち」がベースのものであって欲しいッス。
    地球のAI無人艦隊は賢く拡充されて、壊滅は仕方ないにしても「永遠に」の様なぶざまな負け方は避けて欲しいっスね。

  6. より:

    いろいろと意見が飛び交ってますね。
    どの意見も、それはそれで正しいね。
    ただ、私としては、テレビシリーズも劇場版も、2199版以前の作品を弄るのは、止めて欲しいね。”リメイク”とリプートの違いを分かつて無いよね。2202版のスタッフは。
    なので、完全新作にして欲しいね次回作は。”続編”ではなくね。
    一、二話、見て詰まんなければ、それ以上見ないし、グッズも買わない。それだけですからね。
    弄り過ぎた作品を”リメイク”とは言いませからね!
    希望を言わせ貰うと、2202版に関わったスタッフは関わらないで欲しい。完全新作を希望します!

  7. 高秀恵子 より:

    「ヤマトよ永遠に」ファンの私は「ヤマトよ永遠に」のリメイクに大反対です。

    むしろ「ヤマトよ永遠に」の特別劇場公開を増やしてほしい。

  8. ハヤタ より:

    2202は総括するとズォーダーの取扱いを完全に間違えたのが全ての問題の始まりだと思います。
    愛が必要だとかクローンの哀しみとか、設定として有りだとしても肉付けや回収が出来ていない。単なる愛の知ったかぶり中二病パワハラオヤジに成り下がってしまった。
    第一章の冒頭で「無限に広がる~」のズォーダー「語り」から始まりますが、初っ端の「セリフ回し」から私はつまずきました。何故「さらば」の有名な「語り」を、何百回とヒット曲を歌い回した歌手が変な「節」で歌う様な、こんな変な言い回しにさせるのかと?!手塚秀彰氏の演技プランとしてもそれを容認し採用したのは監督であり音響スタッフの責任である。

  9. hagihagi より:

    「復活編」ではなく、「復活篇」でした。申し訳ありません。

  10. hagihagi より:

    皆さんのご意見、興味深く拝見させて頂いています。
    自分はこれまでのリメイク版否定派です。
    2199=夢もロマンも無い ただの宇宙戦記。2202=2199の設定呪縛と意味不明の”愛”の連呼と笑撃のラスト。
    嫌なら見るなと言われるのはごもっともですが、”ヤマト”として発表されれば見てしまいます。
    作っちゃって発表しちゃったものは今更どうしようもありません。
    制作サイドがどうしても新作・続編を作るというのであれば、一気に復活編まで飛んで第1部をリメイクして、2部 3部と作れば良いのでは。2520まで飛んでしまうのも有りかと。
    もうそれしか古参者が納得できる落としどころ・着地点は無いように思います。

  11. 赤ポッチ より:

    「永遠に」のテーマで新作は?

    「永遠に」のテーマは信じあう愛。
    古代さまと森雪さまはお互い死んだと思っていた。
    だけど、どこかで生きているのではないか?と想い続けて再会を成した。
    離れて生死が不明でも愛し続けるふたり。
    こんなテーマで新作を製作すれば2202の「肯定派」「否定派」も納得できると思う。
    あとは、製作者の力量である。

  12. hirohiro より:

    PS2版はM氏の妄想作品として批評されてる気がします。
    公式の作品として発表されれば、一定の部分は受け入れるでしょうが、あれは本編作品ではありません。あくまで2次利用商品の映像でしかないのです。あの作品でも、2202批判をしている意見と同じ様に批判的な意見が出ると思います。
    私個人としては、本編作品としては認めないです。

  13. クラシックY より:

    あぁこれは懐かしいヤマトの匂いがする…
    キャラが立ってるし、セリフが一々憎いほどいい感じ
    流れてくるコメントを見てるとなんだか涙が出そうになる。。

    2199も2202も元々ヤマトが持っていた魅力ある「色」に、別の色をたくさん混ぜ過ぎた。。
    だからヤマトなんだか、どうなのか訳の分からない事になってしまった
    結局深夜枠でひっそり放送する「アニメ」にしかなれないのなら、「ヤマトらしさ」全開の従来のファンが熱狂する様な作品を製作れば、いっそ清々しかった
    結局、妥協無しのやり切ったモン勝ち☆
    最初のヤマトがそうだった様に。。

    minmin様、ご紹介感謝します☆

  14. 舞夢宜人 より:

    2202の設定を受け継いで続編を作るのであれば、 「新たなる旅立ち」と「ヤマトよ永遠に」をスキップして、「宇宙戦艦ヤマトIII」に繋げた方が、たぶん、作りやすいだろう。2199/2202と続いた設定の影響を考えると、「宇宙戦艦ヤマトIII」に繋がる新作を作った方がつじつま合わせが楽そうだ。

  15. minmin より:

    クラシックY様
    PS2三部作は、原作を超えてます。一見する価値あるかと。
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm1722306
    というか、2202を無視して、これをそのままアニメにすればいい。ボリューム的にも3クール分で問題ないし・・・

    赤ポッチ様
    魔ぁ、そういうわけで。2202スタッフ……というか今回温度をとった3人にはもう二度とヤマトに入ってくんな! と思ってます。
    ちなみに自分の中で一番好きなのは上にあげてるPS2版なんですけどね。
    リメイクして、ここまで面白くなるものか、と感動したので。

  16. 赤ポッチ より:

    minmin さま

    お気持ちとても理解できます。
    「ヤマト1」「さらば」「新たなる」「ヤマト2」「永遠に」「ヤマト3」
    あと、「完結編」と「完結編 70mm版」。
    私にとっても、どれも宝であり青春の1ページです。
    その宝を汚されたと感じるのはとてもお辛いことと察します。

  17. クラシックY より:

    僕も「リメイク」なら、今回の「さらば〜」版で終了して欲しいですね
    また繰り返して「新たなる〜」以降を見ても仕方ない。。
    2199→2202→完全新作を新規展開
    と「さらば〜」以降をリセットした新作展開が観たいです(リメイクを製作っても、まずオリジナルは超えられませんよ。作り手もファンもストレスが溜まるだけ。。

    もう一度ヤマトを前人未到の大宇宙への冒険に出してやりましょうよ☆

  18. minmin より:

    赤ポッチ様

    新作ならそれでよいとは思いますが、リメイクであり、2199の続編であるという事情が特殊になるのかと思います。

    いわば「君の思い出の作品、思いっきり弄って再設定するから!あ、これ公式だからね!」と言われれば、怒る人間も多いかと。
    それが生みの親である西P、2199を成功に導いた出渕氏がやらかしたのなら、まぁあきらめもつきますが、そうではない上に、公式側が煽ってますからねぇ。

    「新たなる~」以降の作品をいじるんじゃねぇ! これ以上人の思い出にズケズケと入ってくるな!と思う人も出てくるのは仕方ないかと。

  19. 酉嵜 より:

    映画「空母いぶき」のパンフレットがテレビに映ってました。
    今週放送された「なんでも鑑定団」
    蝶の収集家の人が登場、ご自宅でVTR出演した際、部屋の中に置いてあるパンフレット(多分)が映ってました。カメラ手前にあって結構大写しになっているので、何か意味があるのかと思ったら、たまたまだったみたいです。

    映画つながりで。昨今「新聞記者」が話題でしょうか。私が聴くラジオ番組、大竹まことさん、斉藤一美さん、荻上チキさんの番組では話題になっていてチケットが売り切れの回も出ているとか。主演は「侍戦隊シンケンジャー」の松坂桃李さん。ホラーとは違う「こわい」内容だそう。ラストは意外な展開が待っているそうです。

最新のコメント